当サイトへお越しいただきありがとうございます。

このサイトでは、日経225先物取引のトレードで勝つためには、「どのような努力をすれば良いのか?また、どのような戦略や手法でトレードすれば勝てるようになるのか?」について50項目に分けて必要なことを解説しています。

巷では、FXや株のトレードが人気ですが、確実&簡単に儲かるのは日経225先物取引の方だと思います。トレードに人気があるのは、年齢や学歴、性別に関係なく、また、場所を問わず誰でも簡単に始められるからでしょう。

もちろん、「投資資金(証拠金)」と呼べる元本が必要になりますが、通常のビジネスと違って、店舗を構える必要もなく、従業員を雇う必要もありませんので、現在の仕事にプラスして始めるには最適です。

しかし、現実問題の一つとして、投資家及びトレーダーの約9割の方は負けていると言われています。そのため、当サイトでは、日経225先物取引のトレードで勝つために必要なことをお伝えしています。

私自身の経験をお伝えしますと、以下の勉強をしてトレードで勝てるようになりましたが、最初の3~5年ぐらいは勝ったり負けたりと結局、勝てませんでした。

1 書店で販売されているトレード関連の書籍を100冊以上読破した!
2 約200から300回のトレードを行い、常に原因追求(なぜ、ここで止まるのか?)を行った!

しかし、6年目以降から相場観が身に付いたのか感覚で勝てるようになってきました。また、毎日、チャートを見続けたのもあると思いますが、なんとなく転換点が予測できるようになってきました。

振り返ると、日経225先物取引のトレードで勝つためには、本を何冊も読むことではなく、また、何回もトレードすることではありません。(もちろん、大事と言えば大事ですが…。)

一番、大事なのは、交通ルールと同じように「金融市場のルールや特徴」を理解することだと感じます。また、一般社会と相場のルールが対極になっているところも気を付けないといけません。

ご存じのように、相場は横ばいを除くと「上がるか下がるか」の二者択一になりますので、運が良ければ誰でも勝つことができますが、何十回、何百回と続けていくと多くの方は資金が無くなり退場していきます。

トレードで勝つためには、買い方の場合、買った値段より高く売ると儲かります。また、売り方の場合、売って値段より安く買い戻すと儲かります。しかし、多くの方は頭では理解できていても実践できません。

私も最初の頃はできませんでしたが、慣れるとできるようになりましたが、これは、通常の仕事(特に専門職をイメージされるとわかりやすいでしょう。)を覚えるのと同じようなものです。

しかし、問題なのは、ここからです。
それは、「いつ買えば良いのか?」、「いつ売れば良いのか?」と言うことです。

このような質問をすると、「自分で考えなさい!」、「相場のことは相場に聞け!」などと言われますが、これがわかるようになれば、勝てるトレーダーになれます。

要するに自分の予想・予測とチャートの動きが合ってくるのですが、経験を積むと、このような域に到達することができます。しかし、この域まで到達するためには、誰でも3年ぐらいはかかると思います。

日経225先物取引だけでなくトレードで勝つためには、マインドが重要ですが、自分の考えをしっかり持っている人や物事の真実を見ることができる人には向いていると思います。

また、スポーツに近い部分がありますのでスポーツ思考で取り組むと上手くいきやすいです。(スポーツはサッカーや野球がわかりやすいと思います。)

ほかには、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのロールプレイングゲームをクリアするような気持ちで取り組めば上手くいきやすいように思います。

詳しくは、各ページに分けて解説していますが、当サイトでは、トレードで勝てるようになるために必要なことを50項目に分けて解説していますので、是非、トレードで勝てない方に見ていただけたら嬉しく思います。